エメリル 使い方

ここでエメリルの効果的な使い方を解説していきます。

ただ塗るだけでも効果はありますが、どうせだったらその効果を最大限に活かしたいとろこです。

ここで重要なのが、エメリルを使用するタイミングです。

基本的には、「お風呂上がり」と「朝のヘアセット時」に使用します。

それぞれで、どのような使い方をすればよいか解説していきます。

エメリルは一日何回どのタイミングで使えば、綺麗な髪になれるのか?

どうせならその効果を最大限に発揮させたいところですよね。

ぶっちゃけ言いますと、エメリルだからといって特別な使い方をする必要はありません。

通常のヘアオイルと同様の使い方で問題ありません。

しかし、ヘアオイルの正しい使い方を知らない人が沢山いるというのも事実。

この記事では、正しいエメリルの効果的な使い方をどこよりも詳しく解説していきたいと思います。

うねり撲滅!美髪再生【エメリル】

エメリル 使い方/使用量の目安

使い方の前に、エメリルを使用する量を覚えておきましょう。

正しい使い方をマスターしても、使用量を間違っていれば本末転倒。

そもそも、ヘアオイルというのは塗れば塗るほど良いというわけではありません。

塗りすぎるとベタベタしてしまいます。

逆に少なすぎると効果が半減してしまいます。

つまり、あなたの髪の量に合ったオイルの量を塗る必要があります。

目安としては、ミディアムヘアで3~4滴。ロングヘアでその倍くらいの量を使用すると良いでしょう。

ただし、髪の長さを目安としているため、髪の量に合わせた適切な量が必要です。

また、髪の太さによってもオイルをぬる面積が変化しますので、一概にどれくらいの量というのが明確には言えません。

まずは、上記の量を目安に自分の髪の量に合ったオイル量を見極める必要があります。

ここは、日々調整しながら自分に合った適正な量を決定しましょう。

エメリル 使い方/朝晩一日二回使う

エメリルを使用するタイミングと使用回数は、朝晩の2回です。

朝晩でそれぞれ若干使い方と目的が違いますので、それぞれ詳しく解説していきます。

エメリルを朝使う時

エメリルはまず朝起きて使用します。

目的としては、寝ている間に分泌された皮脂により髪が潤っているため、それをエメリルでコーティングしてあげることで、良いコンディションを一日中維持できるんです。

次に手順を説明していきます。

エメリルを髪になじませる

手のひらにエメリルを薄く取り、毛先から順に髪の中間付近までまんべんなくぬっていきます。

私は一度に使う量は1円玉くらいの大きさにしています。

使い始めのうちは、様子を見ながら徐々に量を調整していきましょう。

ヘアアイロンまたはドライヤーでセットする

エメリルをつけた後は、ドライヤーで髪に熱を加えます。

必ずドライヤーをかける前にエメリルをぬってください。

エメリルはドライヤーの熱から髪を保護する役割もあります。

先にドライヤーをかけてしまうと、髪が傷んだ状態となりエメリルを使用している意味がなくなってしまいます。

エメリルを塗った後にドライヤーを使用することで、エメリルに含まれるエルカラクトンが熱により反応し、よりつやのある髪を作り出すことができます。

パサつきが気になる部分に重ね塗りする

髪の傷みやすい箇所は毛先になります。

なぜ毛先が傷みやすいかというと、髪の中でも最も古い部分であり外部との接触が一番多い箇所だからです。

外部からのダメージによりキューティクルが乱れて、そこから髪の内部の水分が逃げていきます。

これにより髪のパサつきが発生してしまうんです。

なので、毛先を重点的にケアする必要があるんです。

エメリルを夜使う時

エメリルを夜に使用するタイミングは洗髪後になります。

洗髪後の髪の毛は、一日の中でも最も良好な状態となっており、そのタイミングでエメリルを使用することで効果を最大限に発揮することができます。

シャンプー後にタオルドライ

髪が完全に乾いてしまう前にエメリルを使用します。

髪が保湿している間にエメリルでコーティングして保湿効果をうながすためです。

ただし、髪が濡れすぎていてもエメリルが流れてしまう恐れもあるため、タオルドライしてほんのり湿っている状態でぬりましょう。

髪を手で振ったときに水滴が飛び散らない程度を目安にタオルドライしましょう。

エメリルを毛先に向かって内側に塗る

基本的には朝と同様の塗り方で問題ありません。

毛先から塗っていき中間部分までまんべんなくぬっていきます。

塗る方向は毛先方向を意識しながら塗るといいでしょう。

それと髪の内側を重点的に塗る必要があります。

注意点としては、髪の毛の根元に塗るのは避けましょう。

根元付近は頭皮に近いので、非常にべたつきやすくなります。

ドライヤーで乾かす

最後にドライヤーで乾かします。

先ほど解説した通りの内容になりますが、ドライヤーをかける前に必ずエメリルをぬりましょう。

エメリルは熱によりその効果を最大限に発揮することができます。

より美しい髪を手に入れて維持するためにも、エメリル後のドライヤーはかかせません。

エメリル 使い方/駄目な使い方

ここでエメリルの駄目な使い方も説明しておきます。

ぶっちゃけるとエメリルに限らず、ヘアオイル全般人言えることです。

上記説明にあるエメリルの使い方を守っていれば、基本的に効果が落ちることはありませんが、間違った使い方をすると効果が落ちるばかりか、髪本来の質を落としてしまう恐れもあります。

乾いた髪にエメリルをぬると効果なし

エメリルはタオルドライした際にぬるのが基本ですが、髪がドライになりすぎると効果が落ちてしまいます。

これが何故かというと、髪が濡れていないとオイルの有効成分が髪の隅々まで行き渡らない。水分と一緒に侵透しづらいということなんです。

お風呂から上がって、導入液からの化粧水と肌の手入れをした後にエメリル、、、完全にアウトです。

お風呂から上がってタオルドライしたらすぐにエメリルで手入れしましょう。

じゃあ朝の髪は乾いているけど、朝つけるのは効果が無いのか?という疑問が浮かび上がります。

朝の髪の状態は、昨晩ぬったエメリルがしっかり浸透しエルカラクトンが髪と結合しているため、乾いた状態でも問題ありません。

エメリルを注ぎ足す、という感覚を持ってもらえればいいです。

また、エメリルは使えば使うほど髪になじんでくるので、最終的には髪が濡れてようが乾いていようが、気にせず使えるようになります。

お風呂上がり後の乾いた髪に塗らないというのは、使い始めて3ヶ月くらいを意識しておけば大丈夫です。

エメリルのつけすぎはベタつきの原因になる

傷んでいる箇所には重ね塗りをしますが、これがやりすぎると逆効果。

べたつきの原因になります。

既に解説している内容になりますので割愛させていただきますが、多く塗ればいいというわけではありません。

傷んでいる箇所でも適量を心がけましょう。

うねり撲滅!美髪再生【エメリル】


  1. 川尻香奈子 より:

    お世話になっております
    定期購入の周期変更おねがいします
    1ヶ月毎でなく3ヶ月にワンセットですお願い出来ないでしょうか?

    • tama より:

      お世話になります。
      当サイトはエメリルの解約方法の紹介サイトとなっていますので
      実際の解約は以下の「公式サイト」へご連絡よろしくお願いします。

      メールアドレス support@emerire.com
      電話番号 0120-560-025 (土日祝除く)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© エメリル 口コミ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.